2018年9月6日木曜日

僕らが見たかった景色はこういうコトだったんだろうか?


Twitterで投稿したら文章が長くなってしまったので、
ブログにまとめました。


-------------------------

ちょっと前のことですが、「カメラを止めるな」をようやく観て来ました。
夜の回で公開から2ヶ月以上経っているというのに客入りが凄かった。。
ストーリーはと言うと。。。例に倣って僕も語らないでみる♪♪めっちゃ言いたくなる!オススメしたくなる!
曽根さんのカメラワーク、すごかったな。今度会った時にお疲れ様でしたと言いたいww

メイキングを見たら手持ち撮影だったから大変だったろうな。
緻密な構成とか伏線の回収がどうのこうのとSNSで書かれているのを目にしたけど、あの構成は伏線じゃなくてマエ説だよね。まぁ、別にいいけど。
まだまだ客足は途絶えてないし、面白い作品なのでオススメできる一品。
興行収益も10億突破するとかで周りにいるインディペンデントで活動する映画関係の友達も誇らしげだ。

皆、大変な思いをして造っているのだから、こんな瞬間が訪れても良いよね。
そんな風に湧き上がる「カメ止め」熱を浴びる度に僕はずっと気になっていたことがあった。

映画の興行収益は5〜6割が映画館、3割くらいが配給会社で残りを制作委員会が分け合うのだそうだ。(この仕組みもどうかと思うけどね。映画館、webで紹介しているくらいで大して宣伝してないくせにボリすぎでしょ?)
エンドロールを見ていたら今回は制作委員会じゃなかったのでこの場合は制作会社が2割をもらうことになるのだろう。



参照元
https://dot.asahi.com/aera/2016122600166.html?page=1



仮に興行収入を10億をすると制作会社のエンブゼミナールに粗利の2億が入ることになる。

で、この作品の制作費、300万。
おそらく出演者&監督はギャランティを貰ってないだろう。
エンブゼミナールって映画を撮る時に出演者からお金を募って作ることもあるんだとか。
仮に宣伝広告費に2,700万使ったとしても1億7千万円が制作会社に入るわけだ。

出演者やスタッフが連日舞台挨拶に来ているそうで。
細かい話になるけど、その交通費、出演費とかはどうなるのだろう。。。(ってか、もはやギャラでしょ。)

突飛な話で申し訳ないけど、
僕はこの現状を目にした時に、ナイキやアップルが製品を安く作れるからと東南アジアの工場に発注しているのを思い出した。
そこでは児童労働や強制労働が問題になっているそうだ。
安く仕入れて高く売るって考えも解るけど、やり過ぎると下策じゃないすかね?

最近でこそナイキはフェアトレードに取り組みだして改善の兆しを見せているが、
今回のケースが安く作って至福を肥やす(きつい言い方か。。)、あの状況に似ていると思ってしまうのは暴論だろうか?

こういうことを書くと「みんなで楽しんでいるのに水をさすな」みたいなことを言う人がいるけど、
楽しんで見ている作品がそのような環境下で作られていることは全く気にしなくて良いのだろうか?
気にしたところで何が出来る?って意見も解らなくないが、
「そこに意識が全くいかない」のは違うのではないだろうか?
事情がどうあれ、おかしいことはおかしいのである。

勿論、日本映画の現状が厳しいコトくらい外野の僕でもよくわかる。
そして、エンターテイメント業界に関わる人たちって
面白い事の為に頑張りたいと言う人たちが多いから、
面白い作品や革新的な作品に心血を注いてしまう、注がせてしまうなんてコトも多々ある。
(この場合、手弁当とかノーギャラとか赤字覚悟とかそういうことね。)

だから、旗を振る人(この場合は監督かプロデューサーになるのだろう)は、
「関わってくれる人に何がしかの対価を返さなければ」と言う気持ちでやらなければならないよね。
例え、相手が求めていなかったとしても。

僕は、この場合の対価ってお金だけじゃないと思ってて、
作品が映画祭に引っかかって評価をされたとか、出演がきっかけでオファーがきたとか。
新しい繋がりが出来てそこで雇用が生まれたとか。
(遠回しに自分のことを話しているようで申し訳ないっす。。。)
ビジネスっぽく言えば、「関わった人たちにその後の展開で新しい経済効果が生まれる」ということを示さないとダメなんじゃないかと思っています。

まぁ、それが受け取る側の人間が喜んでくれるかどうか、本当のところは解らないんだけどね。
でも、その努力が必要だと思っている。

だけど、それらの事例は売り上げが上がってない場合のことで、今回は既に10億の興行収益が出ているのだ。
百歩譲ってエンブゼミナールが今後も経営をしていく為に利益を確保したとしても
十分過ぎる程の利益は出ているのだ。
「関わった人たちに新しい経済効果が生まれる」額を既にこの作品で稼いでいるのだ。

映画館の支払いがいつなのか解らないけど、
制作会社は契約を更新し直してギャランティを払うべきじゃないか?と
エンドロールや客の入りを見て思ったのは、僕だけでしょうか?

でも、webマガジンとかで監督とプロデューサーが仲良く取材を受けているのとか見ると
「この人達、本当に解ってんのかな?」と思ってしまうのだ。

まぁ、こう言う問題って映画だけじゃないと思うんだけどね。
インディペンデントの映画人たちが報われる対応をして欲しいなと作品云々の前に思います。
話が長くなったのでここらで一旦やめます。


そんなこんなで「カメラを止めるな」オススメDEATH!!

2018年8月24日金曜日

2.0な感じがして新しいコトが生まれるような気がしています。

久しぶりのブログになってしまいました。。
更新しようと思えば思う程、筆が遠のいてしまう。。
とりあえず軽めのジャブを放つように書くことを再開したい今日この頃です。

物作りに関わる人達がPARTYで出会い、
そこから何かが生まれる。
僕がクラブに関わり始めた時は
PARTYってある種出会いの場所だったような気がします。

最近は趣味やジャンルも細分化されて、
ジャンルや業種を跨いだ交流が少なくなってしまったけど、
ここにきてそんなイベントをやっている人達に出会い、
そのPARTYでVJをやることになりました。

来週は渋谷EDGEofにてVJです。

FashionとArt、そしてTechnologyが交差するようなPARTYです。
以前と違ってTechnologyに関わる人が出入りするのが
2.0な感じがして新しいコトが生まれるような気がしています。

チケットはpeatixにて前払いになります。

時間帯も19:00〜22:00と終電前に終了するので、
終了後、帰るもよし、別の場所に繰り出すもよし。
そんなテックでウォームアップ的なPARTYです。
お時間ありましたら是非お立ち寄りください。

詳細はこちら。

2018年7月2日月曜日

カウントダウンをイベントで迎えよう!のお話

[クラウドファンディング、あと4日]

あと4日!支援者も現在51人とようやく50人を突破しました。
と、書いていたら新たにご支援があり、53人。
ありがとうございます。


今週でクラウドファンディングも最後です。
気がつくとあっという間に過ぎていった気がしますね。

最後はカウントダウンイベントで盛り上げていきたいと思っております。

https://www.facebook.com/events/806492289555884/

先着100名にはTOOWA2の過去の映像作品から一点、DVDでプレゼントします!
詳細を随時イベントページにUPしていますので、
参加ボタンを押して是非ご参加下さい。


引き続き、シェア&ご支援を頂きたく思っております。
どうぞよろしくお願いします。


〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject



エンターテイメント系カルチャーマガジンの”asobist.com”さんにて

エンターテイメント系カルチャーマガジンの”asobist.com”さんにて
先日の上映会&トークショーの模様を記事にして頂きました。

ありがとうございます。

http://www.asobist.com/entame/interview/20180702.php

プロジェクト終了まで1週間を切っている最中、
取材に来て頂けるなんてホント有難いです。。。


記事もすんごく丁寧にまとめて頂いた。。
shortfilm撮影時のエピソードなど盛り沢山の内容になっています。
是非ともご覧頂きたく思っております。


映画制作のクラウドファンディング、ラストまで頑張ってまいります!
引き続き、ご支援どうぞよろしくお願いします。


〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject




2018年6月28日木曜日

僕がMotion Galleryでクラウドファンディングを始めた理由。

[クラウドファンディング、あと8日]
本日も沢山のいいね&リツイートありがとうございました。
支援者がまた増えて41人。ありがとうございます。

そういえば、ここ最近立て続けにあったことなんだけど。

いくつか参加したPARTYで「どうしてMotion Galleryでプロジェクトを始めようと思ったの?」と質問されるコトがあった。
アートやクリエイティブに関わる人達の中でクラウドファンディングに注目している人は意外と多い。

実はクラウドファンディングを始める前に複数の相談会に参加したコトがありました。
そこで助言を頂いて、「コアなファンを持つアーティスト」に声をかけてお金を集まりやすそうな座組みを造っていたコトもありました。
VJとして名前を売っていく時に座組みに乗っかって自分を表現するコトが得意な人間でもあったから、
そのやり方に納得もしていたのだけど。。

その座組みはファンにとって、ネットショッピングのようなお手軽な感じになりそうだったけど、
(この時点で支援者には”支援”じゃなくて”購買”にしかなってないのよね。)
コアなファンを持つアーティスト&事務所をコントロールするコトなど、
零細企業の自分の立場からは到底無理な話だっだんだよね。
いくらVJをやったりMVを撮っていて関係者と繋がりがあるとはいえ。

それが、座組みに乗っかって活動しかしてなかった自分には見えなかったコトでした。

そんな時にMotion Galleryに相談に行った時に真逆の提案をされて、
これなら僕でも出来るかなと思ったのが、決断に至った理由。

ちなみに、相談会で「気になったコトがあったら、何時でも連絡ください〜♪」と言われたので、
予算設定のコトでメールしたらマルッと無視された会社もあったかな。笑
まぁ、お金にならなそうなプロジェクトには時間を割いてられないよね。解るわぁ〜、その気持ち♪

そんなこんなでMotion Galleryだったんだけど、
そうは言っても、かおりんは言わずもがなだし、古山さんも最近はマツコの知らない世界に出て話題になってたし、トモさんはニッキー・ミナージュに洋服を提供したのもあって話題性もある。
アリスちゃんやSLF!さんも口兄というコアなファンがいるワケで、
必ずしも全部を否定しているワケじゃないんだけどね。

でも、企画を立ち上げた当初と今で大きく違うのは
自分の身近な人と一緒に企画を提案している感じがあります。
そして企画が実現したら関わってくれた人が1つ上のステージに上がれるんじゃなかろうかと思っている。
僕は、それが一つ一つ隣に派生していけば良いのかなと考えている。

ファンや彼らに関わっている人たちも彼らのそういう姿を見たいんじゃなかろうかと思っている。
これが超有名人だったら、そうはならないよね。すでに上がりきってるし身近な人でもないしね。

まぁ、時期も時期だから呑気なこと言ってらんないんだけど。笑

あと、海外に行って実感したコトだけど、
外国人から見たアジア人の顔、ぶっちゃけ見分け付きにくいです。
僕らが西洋人を見た時に感じるように。

というコトを踏まえて、
作品を海外展開するなら、日本でのネームバリューよりも身近な人で
実力ある人をブッキングした方が面白いんじゃないかと思っています。

そんな深夜のぼやき話でした。
プロジェクトをローンチしてから共感を得ようと
無理矢理にでも自分のことを語ってみてますが効果的でしょうか?笑

そんなこんなで、そろそろ最後の一週間がやってくる。

残り8日。
まだまだ皆さんのご支援を必要としております。

この新しいプロジェクトに
今一度、ご支援&シェアどうぞよろしくお願いします!

〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject

2018年6月27日水曜日

告知ダイジェストムービー

[クラウドファンディング、あと9日]
昨日も沢山のいいね&リツイートありがとうございました。
大口の支援がありラストスパートに向けて貴重なエネルギーを頂きました。
ありがとうございます。

さて、既にUPされていますが、
今回の長編映画プロジェクトに出演予定のアリストジゼルさん(通称:アリスちゃん)作・演出の告知ダイジェストムービーが公開されました。





最初はキャストのコメントを撮らせてもらったときに遊び感覚でiPhoneで撮影しただけの動画でした。

ノリで撮った映像に最初はどれだけの意味があるんじゃろうかと思っていたけれど、
もっともらしいコトを言っている僕のコメントより遥かに拡散力があり、
何より撮られている皆も楽しそうだった。
撮影後にファンディングの話をしたら好意的に聞いてくれたっけね♪

考えてみるとクラウドファンディングって一人一人の共感が集まってエネルギーになっていくプロジェクトな訳だから、
実はこういうコトが真っ当な形なのかもしれない。
それは僕にはなかった感覚でこういうコトに早い段階で気がつけたのは有難いコトでした。

撮る度に段々と人が集まり、最後はワイワイと人が盛り上がる画も撮れているという。
ってか、こういう画を撮るのに昔すんごい労力を使ったコトを思い出した。。。汗
“監督”アリストジゼルさんの手腕が光っている。。笑

アリスちゃんの指示するカメラワークも最後は『プッシャー』ばりのぶん回す手持ちまで出てくるので、
是非一度ご覧いただきたく思っております。

そして、そんな告知ムービーにご出演(?)頂いた方々にお礼を言いたいなと思います。
名前が分かっている範囲ですがクレジット入れさせて頂きました。

~ Special Thanks ~
ATG & SLF!(THE LADY SPADE), Lily, DJ ONI, 小澤 葉子, ショウジョノトモ,
Kentaro Ukai, ナヲ, Hosotake(NES BAND), ドクター赤松, 腕(PORTASOUNDS), インコ, 三味線熊, サトリナ, しお, ケイ, コジカ, りょう, 宮尾, 田村つくね, カオりデ, Cypher, 8bit cafe, ソラトニワスタジオ, Varit

そんなこんなで、残り9日。
映画プロジェクト、こんな感じで盛り上がってます。

今回は、僕達キャスト&クルーだけで新しいことをやるワケではありません。
皆さま、この新しいプロジェクトに関わってみませんか?

ご支援&シェアどうぞよろしくお願いします!

〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject


2018年6月26日火曜日

クラウドファンディング中の映画プロジェクトの中から一押しのプロジェクトとして紹介されてます!

クラウドファンディング中の映画プロジェクトの中からスタッフ一押しのプロジェクトとして
紹介してもらっています。




TOPページはアクセス数の多いプロジェクトが優先的に紹介されていると思っていたので、
すぐに引っ込んじゃうと思っていたけど、
かれこれ20日間紹介されている。


理由はわからないがスタッフ一押しというのはやはり伊達ではなかったみたい。ありがたいですね。
今度、理由を聞いてみたいな♪


ってなわけで、
もし、Motion Galleryで僕達のプロジェクトを探すなら、
TOPページのFilmカテゴリーからチェックして見てね。


一応、画像を添付しておきます。
解りやすくピンクで枠を作ってみた。笑


どうぞよろしくお願いします。

〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject



[クラウドファンディング、あと10日]
昨日もいいね&リツイートありがとうございました。




プロジェクトもゴールまであと僅か。
まだまだ頑張らねばなりませんが、
その前にご支援頂いた方々、シェアやリツイートをいつもしてくれる方々、
宣伝の為の場所を提供してくれた方々にお礼を言いたいなと思って、
急遽、このビデオを撮りました。


来週になるともっと忙しくなるので、
こういう事を発信するなら今でしょ!という事で。


えーとかあーとか言っているので、
音楽をつけて若干聞きやすくしております。笑


朝起きてFacebookやTwitterを見て多くの人達が
いいねやリツイートをしてくれているのをチェックしてから
作業を開始するのは有難いことでした。


実現に向けてラストスパートをかけていきたいと思います。


残り10日。
クラウドファンディング、最終週に向けて支援も増えるそうです。


皆さま、この新しいプロジェクトに
今一度、ご支援&シェアどうぞよろしくお願いします!


〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject




2018年6月25日月曜日

出演できるコースについて解説を致します。

今回のプロジェクト、VRのメイキング公開からVJレクチャー、お寺での試写会&打上げなど
色々な体験型のリターンを作ったのですが、
その中で出演できるコースが2つあります。


1つは長編映画への出演。
こちらは言わずもがなといった感じでしょうか?


もう1つはshortfilm ENSEMBLEの設定で出演できるというコース。
どちらも作品に出演できるのでややこしいかと思うので、
改めて解説をしたいなと思います。




本企画の元ネタになったshortfilm ENSEMBLEはピンクのストライプを背景にした
シンプルなセットなのですが、
そちらにて指名した本作品の出演者&クルーと共演していただければと思っております。


ご支援の際に選んで頂いた音源は当日撮影現場でも用意しますので、
身振りだけ何か考えて来て頂ければと思います。


ちなみに、音に合わせた身振りですが、
それぞれの感情を表現して頂ければと思っております。


その辺の参考資料もなくはないのですが。。。笑
ご要望もあろうかとそのサポートも考えております。




撮影後は写真を撮れるスペースを用意しますので、
インスタ映えする写真をご自由に撮っていただければと思っております。
共演した模様は後日DVDでプレゼント致します。


長編映画とパラレル感のあるshortfilmなので、
体験すると作品をDVDで貰った時に肌感覚で理解できるコースになっております。


以上、ENSEMBLEの設定で共演できるコースの解説でした。
ご興味ありましたら、是非プロジェクトページをご覧ください。


皆さま、ご支援どうぞよろしくお願いします!

〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject




僕が伝えきれてなかったコトが補足されているビデオコメントです。必見!

[クラウドファンディング、あと11日]
先日、カオリンとショウジョノトモさんのビデオコメントを撮った時に
お二方の対談的なビデオも撮っていたので、
遅ればせながらUPしてみました。






今回の作品でやろうとしているコトや楽しみにしているコト、
プロジェクトの過程から伝えたいコト、
クラウドファンディングに対する想いとか語ってもらいました。


僕が伝えきれてなかったコトが補足されていて、
編集しながら感謝っ放しでした♪


是非、お時間あるときにご覧ください。

残り11日。

皆さま、ご支援どうぞよろしくお願いします!

〜クラブVJが挑むサイレント映画のクラウドファンディングはこちら〜
https://motion-gallery.net/projects/t2filmproject